ルーマニアの地理

ルーマニア

ルーマニアの地理

西セルビア、南ブルガリアの間のルーマニアの境界は、基本的にドナウ川を境界とみなします。
モルドヴァに接する境界線であるプルト川はドナウ川に合流します。
そして、黒海への流れは東を見つけました。
ドナウ川の川口は、デルタ(ドナウ・デルタ)になって、生きもの聖域になります。
これらの自然の境界は、各々の川のダクト変更によって変わります。
そのうえ、ドナウ・デルタに関しては、ルーマニアの領域地域は、何十もの年、これらの過去における増加に向かう傾向が地域を年齢に2-5のkm2増やすことを示します。
237,500のkm2であった総面積は、1969年の2005年の238,319のkm2になります。
ルーマニアの地形(丘陵地帯)に、33%は、水平な基本の山の多い地区(33% 34%)です。
カルパチア山脈は国の中心を占有して、トランシルヴァニア平野を囲みます。
14の山はカルパチア山脈の間の2,000mの等級です。
そして、最も高いピークのモルドヴェヤヌ・ピークは2,544mです。
カルパチア山脈は、南丘陵地帯により続いているバラのガン平野に到着します。
こういった感じの土地がルーマニアには広がっています。
ここにはいろんなものがあります。

copyright(C)ルーマニアトリップ